和田晃一良に関するニュース

仮想通貨約580億円分 外部に不正送信か

仮想通貨の取引所を運営する「コインチェック」は、顧客から預かっている仮想通貨およそ580億円分が不正に外部に送信されたと発表した。「セキュリティー対策が十分でなかった」という。

インチェック・和田晃一良社長「技術的な難しさとそれを行うことのできる人材が不足していることが原因。このような事態に陥ってしまったことについては深く反省しております」

インチェックによると、不正に送信されたのは「NEM」と呼ばれる仮想通貨およそ580億円分で、26日午前3時頃から複数回にわたって行われたという。

また「セキュリティー対策が十分でなかった」とする一方、詳しい原因については「究明中」と説明するにとどまった。

現在、コインチェックは、ビットコイン以外の全ての仮想通貨の取引を停止している。顧客への補償方法については、現在検討中だという。

インチェックの利用者「こういったことがあるとはもちろん想定していたが、実際に自分の身に降りかかるとは思っていなくて、びっくりしています」

金融庁は、去年から仮想通貨の取引所を登録制にして規制を強化している。コインチェックはまだ登録を認められていなかった。