NYダウ

ダウ平均株価(ダウへいきんかぶか、Dow Jones Industrial Average)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出するアメリカ合衆国の代表的な株価指数である。

概要[編集]

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが、アメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出し、平均株価をリアルタイムで公表する株価平均型株価指数である。以前はダウ・ジョーンズ社により公表されていたが、2010年に「ダウ平均株価」に関する所有権のうち90%がダウジョーンズ社からCMEグループに対して6億750万ドルで譲渡されダウ・ジョーンズ・インデックス社の公表に移行、2012年7月にS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスの算出に移行した[3]。ダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「ダウ公共株15種平均」の3種類と、これらをあわせた「ダウ総合65種平均」がある。

最も有名で、日本では「ダウ工業株30種平均(ダウ平均)」、「ニューヨーク・ダウ」、「ニューヨーク平均株価」などと呼ばれる。ダウ・ジョーンズ社による株価指数は、すでに1884年以降Dow Jones Average(ダウ平均)の名称で公表されていたが、当時のアメリカの産業構造を反映し、鉄道事業者が中心の構成であった。19世紀末の経済発展を受け、従来のダウ平均(現在の輸送株20種平均)と分離する形で、1896年農業鉱工業などの12銘柄により、Dow Jones Industrial Average(ダウ工業株平均)の算出が新たにスタート。1928年に、30銘柄となった。その後、情報通信業や医療などのサービス業を取り込みながら、現在に至る[5]。銘柄構成企業は、以前はすべてニューヨーク証券取引所(NYSE)上場企業であったが、1999年11月に初めてNASDAQ上場企業から選択され(インテルマイクロソフト)、2015年4月現在、4社がNASDAQ上場企業となっている。
  • 輸送株20種
電気ガスなど。

銘柄入れ替え

「工業株30種平均株価」の構成銘柄は時代に合わせて入れ替えが行われている[7]。算出が始まって以来、現在まで構成銘柄に残っている会社はゼネラル・エレクトリック社のみである(ただし、これまでに2度外れたことがある)。

ガラスコーティングカーコーティングボディーコーティングカーフィルムカーフィルム神奈川カーフィルム東京カーフィルム千葉カーフィルム茨城カーフィルム横浜カーフィルム川崎カーフィルム相模原カーフィルム平塚カーフィルム秦野カーフィルム厚木カーフィルム伊勢原カーフィルム東京都中央区カーフィルム墨田区カーフィルム品川区カーフィルム大田区カーフィルム世田谷区カーフィルム中野区カーフィルム杉並区カーフィルム北区カーフィルム荒川区 ・カーフィルム板橋区カーフィルム葛飾区カーフィルム三鷹カーフィルム青梅カーフィルム昭島カーフィルム町田カーフィルム小金井カーフィルム小平カーフィルム日野カーフィルム東村山カーフィルム国立カーフィルム東大和カーフィルム清瀬カーフィルム東久留米カーフィルム武蔵村山カーフィルム羽村カーフィルムあきる野カーフィルム西東京カーフィルム市川カーフィルム船橋カーフィルム木更津カーフィルム東金カーフィルム習志野カーフィルム八千代カーフィルム我孫子カーフィルム八街カーフィルム印西カーフィルム富里カーフィルムさいたまカーフィルム川越フロントガラスリペアフロントガラスリペア横浜フロントガラスリペア神奈川