クレヨンしんちゃん役、矢島晶子さん降板 27年間担当

テレビ朝日は1日、アニメ「クレヨンしんちゃん」で主人公の野原しんのすけ役を担当している声優の矢島晶子さんが、29日の放送を最後に降板すると発表した。声を保つことが難しくなり、自然な表現がしづらくなったと矢島さんから申し出があったという。

 クレヨンしんちゃん埼玉県春日部市(作中では「春我部」とも表記)を舞台にした、マイペースな5歳児・しんのすけと家族の物語。矢島さんは1992年4月に放送が始まった時から26年以上にわたり、しんのすけの声を演じてきた。テレビ朝日は「これまで『クレヨンしんちゃん』に生き生きとした、大変魅力あるキャラクター性を吹き込んで頂き、長きにわたって作品を支え続けて頂いた矢島晶子さんの多大なる功績に、番組関係者一同、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」とコメントした。後任は調整中としている。

     ◇

 矢島さんのコメントは次の通り。

 27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

 長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。27年間、ありがとうございました。