シャンプー

シャンプーとは編集

 

洗車(せんしゃ)とは、自動車の外装及び内装を洗浄すること。
作業に関しては、自動車のユーザー自身が実施する場合と、専門店等の業者に依頼する場合とで2つに大別できる。

概要

自動車は使用に伴い、空気中の埃や土砂等によって外装が次第に汚損してくる。また内装についても、車内に取りこまれる外気中のチリや埃等により汚損してくる。これら汚損を取り除き、内外装の美化を保つ為に行う行為を「洗車」と言う。

洗車を実施するタイミングは、その所有者や使用者(=ユーザー)が判断するものであり明確な基準は存在しない。但し汚損が激しいと車体の骨格等の腐食等が懸念されるので、安全上の理由から自動車メーカーの殆どが定期的な洗車を推奨している。

洗車の方法には幾つかの種類があるが、その作業を自動車のユーザー自身が行う場合と、ガソリンスタンドや専門店等の業者に依頼する場合とで2つに大別できる。またその作業内容は、主に人間の手作業による方法、主に機械に作業を任せる方法の2つに大別できる。

ここでは、洗車の必要性から汚損の内容、具体的洗車方法まで、広義に述べる。

洗車の必要性

洗車実施のタイミング

前述の通り、洗車を実施するタイミング、つまり「どこまで汚れたら洗車をするべきか」という判断は、ユーザーが決定するものであり、明確な判断基準というものは存在しない。但し、汚損が進行すると車の外板(外装ボディパネル)や骨格、その他機械可動部分等に錆等の腐食が発生・進行したり、また堆積した汚れによって自動車各部の異常の発見が遅れる事等が懸念される。その為、自動車の適正保全や安全上の理由から、自動車メーカーの殆どが定期的な洗車を奨励しており、多くの場合自動車の取扱説明書にその方法が記載されている。また、定期点検や車検点検時には下回り等の洗車が法令により求められているが、これは故障や不具合(或いは不正)の確認に支障をきたす事がないようにする為である。また日本では、修理や定期点検等でカーディーラー等に車を預けた際に簡易的な洗車が為されて返却される場合が多く、その場合殆どが無償のサービスである。

洗車のタイミングや頻度は地域や文化(国や地方)によって異なると言われている。例えば世界中で、洗車が実施されている割合が高く且つ頻度も高い国は日本であると言われている。その背景には、日本は年間の降雨・雪日数が比較的多く汚損し易い事や、自動車そのものが所有者の豊かさの象徴であり、見栄や世間体から綺麗さを保つ傾向が強いのではないか、という事等があると考えられている。また、地域による洗車タイミングや方法の違いとして例えば日本であれば、降雪地帯では雪による汚損が激しく、また路上に散布される凍結防止剤や融雪剤が車体に与える影響(腐食し易い)等を考慮し、特に下部(=足回り・車体裏側)の洗浄を重点的に実施したりする。

汚損

汚損の種類

殆どの自動車は屋外で使用される為、その外装は空気中の様々な物質により汚損してくる(屋外に駐停車しているだけでも影響を受ける)。また、内装についても空気中の様々な物質や、搭乗者が乗車の際に車外から持ち込んでくる土砂等により汚損してくる。

汚損する要因となる物質の具体例を以下に挙げる。

  • 外装
チリ・埃、土砂(黄砂等を含む)、降雨の水滴、他車或いは自車の排気ガスや油脂類等の排出物等、鳥類の糞、虫類の死骸、樹液、積み荷から出る成分、鉄道施設や工場施設等から出る鉄粉、その他大気を汚染している様々な成分、等
  • 内装
チリ・埃、搭乗者が乗車時に車外から持ち込む土砂や降雨の水滴、他車或いは自車の排気ガスや油脂類等の排出物等、室内の積み荷から出る成分、食べ物のカス、一般ゴミ、シートやクッションからでる埃、等

汚損の回避

屋外を走行する以上、汚損を完全に防ぐ事は出来ないが、以下の様な方法で少しでも汚損の程度を抑える事は可能である。

  • 砂利道等の走行を避ける
他車や自車のタイヤで巻き上げた土砂による汚損を回避する。同様に土砂を積載したダンプカー等の直後を走行しないという事も方法の一つである。
  • 排気ガスが濃いと思われる車両の後ろを走行しない
特にトラックやバスや旧車等は、排気ガスの中に汚損に繋がる物質が多く含まれている確率が比較的高いので、直後を走行する事を避けるという方法がある。
  • 雨天走行をしない
汚損の中でも雨天による影響は大きいので、そもそも雨天時には走行しないという方法がある。因みにスーパーカーやビンテージカーの場合は、オーナーが「雨天時には他の車(汚損しても良いと思う車)を使用する」というケースがある。
  • 屋内に駐車する
保管する場所を屋外から屋内にする事で、降雨による水滴跡等を回避する事ができる。また完全屋内車庫(シャッター等により全面が外気と隔たれる空間)の場合は、空気中の埃等による汚損も低減される見込みがある。尚、屋外駐車であっても、ボディーカバー等を使用する事で、汚損の大半を防ぐ事は可能である(但しボディーカバーそのものの「擦れ」等により傷が付く可能性もある)。
尚、長期的な観点では、太陽光は塗装に対する攻撃性がある為、直射日光を受けにくい場所に駐車する事も汚損(劣化)回避の手段の一つである。
  • 駐車場所を変える
鉄道線路の傍は、空気中に鉄粉が多く飛散している場合が多くボディーに付着し易い。また樹木の下は樹液や鳥類の糞が降ってくるリスクが高い。これらを回避する為、駐停車場所を変える(選ぶ)事も方法の一つである。

また、汚損した状態を長く放置すると、付着していた汚れが変質しボディーにこびり付く(最悪の場合腐食させたりする)事等が事も考えられるので、定期的な洗車というものは「根本的な汚損の回避」の一つの手段でもある。

塗装の損傷

自動車の内外装は単なる汚損ではなく、損傷(或いは劣化)している事もある。特に外装(ボディー)は殆どの場合金属の上に塗装が施してある為、一見「傷」には強そうであるが、実のところ塗装膜は些細な事で傷が付き易い。

勿論、自動車を通常に使用している限り目立った傷が突然付く事は無いが、細かい傷(ボディー表面を子細に観察すると目視可能なレベルの傷)は、いとも簡単に付いてしまう。例えば外装に薄らと埃が付着した状態で手の平で撫でただけでも傷が付くし、衣服のチャックやボタンが擦れただけでも傷が付いてしまう場合が殆どである。(極端な話、厳密に言えば、自動車は塗装を終えて工場を出た瞬間からミクロレベルの傷が付き始めていると言っても過言では無い。) 更には、洗車によっても傷が付く可能性は高いので、傷が付く程度を少しでも減らしたい場合は、幾つかの注意を払いながら作業を進める必要がある(但し、塗料や塗装技術及び保護材等の技術の進歩により、それらの耐性そのものが進歩してきているので、細かな傷がつく可能性は僅かずつではあるが低下しつつある)。

因みに、これらの細かい傷は遠目からでは視認する事は難しいが、車体に近づき、光源(太陽や明るい照明)をボディーに写りこませた状態で、光源とは反対からボディーを観察すると容易に確認出来る。 特に、光源を中心に円を描く様に確認できる傷は、主に洗車時に微細な埃や土砂を含んだ状態でワックスがけ等を行った時に出来た物の可能性が高く、一方、光源に対して線状に確認できる傷は、主に、微細な埃や土砂を含んだ状態で車体を布類で拭いた際にできた可能性が高い。また、機械式洗車(主にガソリンスタンド等に設置されている、門型の洗車機)を利用した際には円状と線状の両方の傷が付きやすい(昨今の洗車機は、この傷を付けにくくする工夫が施されている場合が多い)。