フィルム神奈川2

フィルム神奈川2

薄い膜状のものを指す用語として、「フィルム」(および「フイルム」)の他に「シート」「膜(メンブレン)」「箔」などがある。これらの区分は明確には定義されておらず、慣用的に使い分けられている。現実には、発明者や製造者または使用者が便宜的に名づけた呼称がそのまま広まるケースが多い。

素材による区分
基本的に「フィルム」「シート」は人工物のうち高分子原料を主に使用したものを対象とした呼称に当たる。ただし、紙や布などファイバー状の原料を積層して製造されるものを指して「シート」と呼称することはあるが「フィルム」と呼ぶことは非常に稀である。「メンブレン」は自然物から概念的なものまでをも含む広い範囲を対象とした包括的な用語であり、逆に「箔」は金属原料を主に使用したものに限定する傾向がある。
一方、ケイ酸成分を原料とした薄膜成型材料について「無機フィルム」[1]、微生物が形成する薄膜について「バイオフィルム」、オブラートなどの薄膜状の食べ物について「フィルム食品」または「可食性フィルム」という語句が使用されているように、「フィルム」の呼称は必ずしも合成樹脂など有機系の工業材料に限定される用語ではなくなりつつある。
その他の用例では、化粧品成分が肌の表面で形成する膜成分を「フィルム」と呼称することから転じて、一部の液体状化粧品を「アイフィルム」などと名づけている。

カーフィルム川崎

カーフィルム

カーフィルム川崎市川崎区

カーフィルム

カーフィルム川崎市幸区

カーフィルム

カーフィルム川崎市中原区

カーフィルム

カーフィルム川崎市高津区

カーフィルム

カーフィルム川崎市多摩区

カーフィルム

カーフィルム川崎市宮前区

カーフィルム

カーフィルム川崎市麻生区

カーフィルム

カーフィルム相模原

カーフィルム

カーフィルム横須賀

カーフィルム

カーフィルム平塚

カーフィルム

カーフィルム鎌倉

カーフィルム

カーフィルム藤沢

カーフィルム

カーフィルム小田原

カーフィルム

カーフィルム茅ヶ崎

カーフィルム

カーフィルム逗子

カーフィルム

カーフィルム三浦市

カーフィルム

カーフィルム秦野

カーフィルム

カーフィルム厚木

カーフィルム

カーフィルム厚木市

カーフィルム伊勢原

カーフィルム

カーフィルム海老名

カーフィルム

カーフィルム座間

カーフィルム

カーフィルム南足柄市

カーフィルム

カーフィルム綾瀬市

カーフィルム